2018/10/16
賃貸オフィス探し

【突撃取材】世界一集中できるワークスペース「Think Lab」に行ってきた!Part1

Image title


「オフィスマッチ」の新企画がスタート! 都内のユニーク・オシャレ・先進的なオフィスやワークスペースに突撃取材を敢行します!

記念すべき第1回目は、 国内トップクラスのアイウエアブランド 株式会社ジンズ(以下、JINS)のプロジェクトで生まれたワークスペース「Think Lab」です。

場所は、JR総武線飯田橋駅が最寄りの飯田橋グラン・ブルームの29階です。 取材日の天気はあいにくの雨。 傘を忘れて突撃した取材陣でしたが、それほど濡れることなくたどり着けるほどのバツグンの立地でした。


「あぁー、今日までに資料作らないといけないのに、集中できないー!」(既に午後6時)

なんて事態に陥ってしまった人、たくさんいるのではないでしょうか。 早く作業を終わらせたいのに、なぜか集中して取り組むことができない。

そんな働く環境を改善するためのワークスペースづくりの最前線を走っているのが 「Think Lab」なのです!

まずは「世界一集中できるワークスペース」を目指して進化し続け、各業界から注目を集めているThink Labの実態を広報部の石井さんに伺いました!

Think Labの誕生秘話!実は自社向けのプロジェクトからスタートした

まずはThink Labの上の階にあるJINS本社で石井さんにお話しを伺いました。

――ズバリ、メガネで有名なJINSがワークスペースのプロジェクトをすすめた理由を教えてください。


石井さん:やはり気になりますよね(笑)。色々な人によく質問いただきます。要因は大きく2つあります。

1つは、JINSは元々「働きやすいオフィスづくり」にはかなりこだわっていまして、今いる本社オフィスもブランドビジョンを基にフリーアド レス化を進めるなど、精力的に職場づくりにこだわった結果、日経ニューオフィス大賞の経済産業大臣賞などをいただくことができました。

――たしかに、すごくきれいで広いなオフィスですね。

Image title


石井さん:「働きやすいオフィスづくり」を目指す根幹にあるのは、仕事の生産性向上です。

それには、職場のコミュニケーションの円滑化によるチームワークの向上と個々の集中力が欠かせません。

2015年に発売を開始していた集中力を計測できる「JINS MEME(ジンズ・ミーム)」を活用した働き方改革向けのサービスでは、経産省からも「HR solution contest」のグランプリをいただきました。

そして、そのJINS MEMEを使って本社オフィスで働くスタッフの集中力を計測してみたのです。

――こだわって作ったオフィスですから、良い結果が期待できそうですね。

石井さん:そうだったら問題なかったのですが(笑)。予想のはるか下の数値を計測してしまったのです。

――意外な結果ですね。

石井さん:そうですね。原因のひとつはフリーアドレス化によるものだと思います。各デスクの壁を取り払い、自由な席で仕事できるのはコミュニケーションの向上に役立っていて、情報の共有やアイデアが生まれやすい環境としては、素晴らしく貢献していました。しかし、その反面、集中したいときに話しかけられるケースがあったほか、他の人の会話が聞こえてくるなど「集中」という領域では弱点もあったのです。

――フリーアドレス化を検討している企業も事前に抑えておきたい情報ですね。では、その課題を解決するためにThink Labをつくることになったと。

石井さん:その通りです!イノベーションを促進するためには「コミュニケーション」だけでなく、「集中」も欠かせない要素なので、集中に特化したワークスペースが必要だと判断して、1つ下の階につくることになりました。それもJINS MEMEで計測したデータをもとに「世界一集中できる」ワークスペースをつくろうと。ワークスペースには科学的な根拠に基づいた集中できる環境づくりの仕掛けがあちこちにありますよ。

――ぜひ、その秘密を教えていただいてもいいですか?

石井さん:もちろんです。では実際にThink Labの実際を見ながらご紹介しましょう。

Image title


集中には「ストレス」と「リラックス」の両立必要。その答えは「神社仏閣」

――私たちの仕事上、ワークスペースは色々と見てきましたが、入口からして既に”っぽく”ないですね

Image title



石井さん:よく言われます(笑)。まずは、Think Labのテーマについてご紹介しますね。その前に、集中には何が必要だと思いますか?

――えっ、そ、そうですね。静けさでしょうか。

石井さん:確かに静けさも必要ですが、その前提として適度なストレス」と「リラックス」です。ストレスだらけだと気が散って集中どころではないですし、リラックスだけだと今度は眠くなってしまいます。その丁度いいバランスを保って初めて「集中」できる環境がつくれるのです。両立する環境はなかなかありませんが、一番良い成功例は神社仏閣だと分かりました。ピリッとした空気と、どこか癒される雰囲気に見覚えはありませんか。だから、Think Labは「神社仏閣」を参考にして作られています。随所にそのテーマは点在していますが、一番分かりやすいのが、このエントランスでしょう。

Image title


――神社仏閣ですか。確かに身が引き締まる感じがします。

石井さん:そうですね。この24メートルあるエントランスは、「ストレス」の部分です。良質なストレスを心身に感じてもらえるように、ほぼ真っ暗な通路を歩いてもらいます。さらに高野山の高野槇(こうやまき)の香りもほのかに散布しています。集中に入っていくための、心地よい緊張感を得られるように工夫を凝らしているんですよ。

――なるほど。エントランスで適度なストレスを与えるということは、次に待っているのは「リラックス」ですか。

石井さん:その通りです。リラックスの仕掛けは、ワークスペースへのドアを開けたらすぐに分かりますよ。


Part1はここまで!次回は、リラックスの仕掛けと集中できる環境の6つの要素についてご紹介します!明日から集中できる職場環境づくりのワンポイントアドバイスもあるのでご期待ください!

続きはコチラ→【突撃取材】世界一集中できるワークスペース「Think Lab」に行ってきた!Part2

最短60秒カンタン無料オフィス探し依頼はこちら

STEP1都道府県を選択

STEP2お探し理由を選択

STEP3移転時期を選択

探してもらう