2018/12/03
賃貸オフィス探し

東京のオフィス探しに悩んだら参考にしたいオフィスの探し方別メリット・デメリット

Image title


東京は数多くのオフィスがあり、どうやってオフィスを探せばよいのか分からないという方もいるのではないでしょうか。

今回はそんな時に参考にしたいオフィスの探し方別メリット・デメリットをご紹介します。


探しているオフィスの条件を再確認する

オフィス移転担当者に任命されたが、どんなオフィスに移転すればいいのか見当がつかない。

そんな時まずは、現状のオフィスから移転する理由を書き出してみましょう。そうすることで、何を改善したくてオフィス移転するのか見えてきます。

多くのオフィス移転時の理由は、

・事業拡大に伴うオフィス移転

・コスト削減

上記が多いのではないでしょうか。

また、社員にヒアリングして細かな要望をメモしておくと似たような物件が重なった際に、どの物件に決めるかの決定をしやすくなるかもしれません。

当然のことですが、探しているオフィスの条件によって、紹介されるオフィスも変わってきます。探しているオフィスの条件は要確認です。


大手ポータルサイトでのオフィス探しのメリット・デメリット

大手ポータルサイトは主に、物件の条件を検索するとその条件に該当している物件が表示されるシステムになっています。それでは、大手ポータルサイトでオフィス探しをする際のメリット、デメリットについてご紹介します。

メリット

大手の物件検索ポータルサイトでは、探している物件の条件を入力して物件検索を行うものが多いです。多くの物件が登録されていることため、自分の条件に合った物件を見つけやすいことが大手ポータルサイトを利用するメリットとして挙げることができます。

デメリット

大手ポータルサイトでのオフィス探しの強みとして、多くの物件が登録されていることを挙げましたが、デメリットとしては登録物件数が多いために、自分に合った物件探しの手間がかかることです。

とくに、オフィス探しになると勤務中に探される方が多いのでオフィス探しに時間を割けないという場合、大手ポータルサイトでのオフィス探しは手間になってしまうのではないでしょうか。


不動産会社のホームページからオフィス探しをするメリット・デメリット

不動産会社のホームページを検索し、不動産会社の対応領域を見てオフィス探しを依頼する際のメリット・デメリットをご紹介します。

メリット

不動産会社は物件探しのプロフェッショナルです。

各々の要望に合った物件を提案してくれることがメリットとして挙げることができます。

さらに、インターネットに載っていない物件まで提案してくれる可能性もあります。細かな条件や要望も伝えることでよりマッチした物件を提案してくれるかもしれません。

デメリット

各不動産会社に物件の提案を希望する際、最低限、希望の物件のエリアに対応している不動産会社に依頼することが不可欠となります。

希望のエリアに対応している不動産会社などを検索する手間と数社申し込んだ際の対応の手間がかかることが不動産会社のホームページからオフィス探しする際のデメリットとなります。


オフィスマッチでオフィス探しをするメリット・デメリット

オフィス探しに特化したメディア「オフィスマッチ」は希望の条件を入力したら物件の提案を待つだけです。

メリット

探しているオフィスの希望条件を入力したら、オフィスマッチに参加している不動産会社のプロフェッショナルから提案を待つだけです。

そのため、オフィス探しに手間がかからず自分の業務に集中することができます。また、インターネットに載っていない物件まで提案可能であることもメリットのひとつです。

デメリット

参加している企業のどこから提案を受けるか選択できないことがデメリットとして挙げられます。

また、最大5社までの紹介であるためそれ以上の不動産会社から提案を受けることができないというデメリットもあります。

Image title


まとめ

手間や時間がかかってもいいから様々な物件をチェックしたい方や、業務との兼ね合いで効率的にオフィス探しをしたい方まで様々でしょう。本記事で自分に合ったやり方をみつけ、満足いくオフィス探しができれば幸いです。

最短60秒カンタン無料オフィス探し依頼はこちら

STEP1都道府県を選択

STEP2お探し理由を選択

STEP3移転時期を選択

探してもらう