2020/04/29
オフィス移転のいろは

オフィスの引越し業者を価格だけでは決めてはいけない理由

オフィス移転を検討しているなか、引っ越し業者の選定は悩みものです。

価格はできるだけ抑えたいが、備品もあるため乱雑な業務をされては困るなど選ぶ基準は様々あります。

そんな悩める移転を予定している企業様に覚えて頂きたい、引っ越し業者選定のノウハウを紹介します。


オフィスの引越し業者を価格だけでは決めてはいけない理由

Image title

自宅の引っ越しのときには、いくつかの引っ越し業者で見積もりを取り、最も安い業者に依頼をすることが多いかもしれません。

しかし、オフィス移転時に利用する引っ越し業者を価格だけで決めることはおすすめしません。

ここでは、その理由をご紹介します。


金銭では補填できないオフィスの備品

引越し業者との間で起こるトラブルで多いのが、物を壊されてしまうというものです。

このような場合、自宅の引っ越しであれば金銭での解決が可能だといえるでしょう。

しかし、オフィスには重要書類やデータの入ったパソコンやサーバーなど、金銭で補填が難しい備品が多々あります。

後々の業務に支障が出ないようにするためにも、引っ越しの際に備品を失うことは避けなければいけません。


大切な備品を守るために

替えの効かない大切な備品を守るためには、信頼できる引っ越し業者を選ぶことが大切です。

コスト削減も重要ですが、価格を基準に引っ越し業者を選んで大切な備品を失ってしまっては本末転倒となってしまいます。

ネットなどで口コミや評判を確認したうえで、慎重に引っ越し業者を選定しましょう。


引越し業者の比較軸

Image title


引越し業者を比較するときには、いくつかのポイントがあります。

失敗を避けるためにも、様々な角度から引っ越し業者を比較するようにしてください。


引越し時の総額

まずは、引っ越しにかかる費用の総額を比較しましょう。

引越しにかける予算が決まっている場合は、予算内で収まる引っ越し業者をピックアップして比較するといいでしょう。


比較サイトなどの口コミの良さ

比較サイトなどでは、引っ越し業者を利用した人の口コミが数多く掲載されています。

たとえ安くても、雑な業務、後出し価格があるなど、口コミ評価が低い引っ越し業者は避けるのが賢明です。

また、悪い評判が全くない引っ越し業者も警戒が必要です。

悪い口コミを削除している可能性もあるので、情報の整合性などをしっかりリサーチしたうえで信頼できる引っ越し業者かを判断しましょう。


基本メニューの充実度

基本メニューに何が含まれているかは重要なポイントです。

基本メニューが充実していない場合はオプションを付けざるを得ないため、基本料金が安くても結果として割高になってしまうことがあります。

必要なものがすべて基本メニューに含まれていれば、オプションがあまり必要ないので安心です。


後出し価格が無いかの確認

見積もり時には説明がなかったことについて、引っ越し後に追加請求される場合があります。

追加請求があると、予算を大幅に超えてしまいかねません。

依頼前に正確な価格を把握できるように、見積もり時には念入りに確認する必要があります。


引越し業者に見積もりを貰う時のコツ

Image title

見積もりを取る場合には、複数の業者に相見積もりを取りましょう。

得をするためのポイントは、他の企業の見積額を提示することです。

「〇〇社では〇〇円だったのですが…」などと情報を公開することで、見積額を安くしてもらえる可能性があります。

また、他社で不用品処分などの付随サービスについて説明された場合には、そのことについても話をするといいでしょう。

このように交渉を進めることで、引っ越しの総額を下げることができます。

さらに、見積もり時には顧客対応や説明の丁寧さもチェックしておきましょう。

スタッフ対応がよければ、引っ越し当日も安心して作業を任せることができるのではないでしょうか。


大切なオフィス移転は気持ちの良いまま終える

このように、引っ越し業者を選ぶ際にはいくつかのコツがあります。

ただし、実際には数多くの項目を比較するのは簡単ではありません。

失敗を避けるためには、内装業者にレイアウトなどと併せて引っ越し業者の選定も任せるのがおすすめです。

信頼できる法人専門の引っ越し業者を選んでくれるため、コスト面でも効率面でも安心です。

気持ちよくオフィス移転を終えることができますよ。

最短60秒カンタン無料オフィス探し依頼はこちら

STEP1都道府県を選択

STEP2お探し理由を選択

STEP3移転時期を選択

探してもらう