2020/09/30
オフィス移転のいろは

エントランスはオフィスの顔!まずは設計から考えよう

エントランスはいわば「オフィスの顔」であり、オフィスにとって重要な役割を果たしています。
だからこそ、エントランスを設計する際には細部までこだわりたいところです。

本記事では、エントランスのレイアウトが重要な理由やレイアウト設計におけるポイント・注意点について紹介していきます。

エントランスのレイアウトが重要な理由

Image title

オフィスのエントランスは、初めて企業を訪れたお客様が初めて目にする場所であるため、第一印象を大きく左右します。
おしゃれで広々としたエントランスなら企業イメージも自然にアップするため、業績アップにもつながるといえるでしょう。

逆に狭くて殺風景なエントランスの場合、お客様は企業に対して悪い印象を持ってしまうかもしれません。
企業価値を高めるという意味で、オフィスのエントランスのレイアウトはとても重要だといえます。

社員のことを考えたエントランスが社外へのPRとなる

Image title

オフィスのエントランスを最も頻繁に通るのは、オフィスで毎日働く社員です。
そのため、エントランスは社員に所属意識を高めてもらうためにとても重要です。
エントランスにロゴや企業理念がビジュアライズされていれば、社員の中で自然と「自分はこの企業の社員なんだ」という意識が強くなることでしょう。

これに加えておしゃれでクールなデザインなら、社員たちの士気も高まるはずです。
エントランスを設計する際には、まずは社員のことを意識してみてください。
社員のことを考えてエントランスを設計することで、自然とお客様への訴求力の高いエントランスになるといえるでしょう。


エントランス設計のポイント/注意点

Image title

エントランスを設計する際には、できるだけ失敗は避けたいですよね。
ここでは、エントランス設計のポイントおよび注意点についてまとめました。

設計ポイント

エントランスを設計する際にまず大切なのは、コンセプトを統一するということです。
それぞれのインテリアや小物がおしゃれなデザインでも、コンセプトがないとバラバラなイメージになってしまいます。
テーマやコンセプトを明確にしたうえで、全体のバランスをみながら設計していきましょう。

また、ロゴやシンボルもぜひ組み込みたいところです。
ロゴやシンボルがあれば、オフィスに足を運んだお客様にしっかりと企業をアピールすることができます。
大きなロゴにする、シンボルに光を投影するなど、目立たせる工夫をしてください。

そして、エントランスでお客様を待たせることがある場合は、おもてなし空間にすることを意識しなければいけません。
ゆっくりと座れるソファーを置く、アロマを炊くなど、お客様をリラックスさせる工夫をしましょう。
自然の音を流すのもおすすめです。

注意点

とくに多くの人が出入りするオフィスの場合は、動線に配慮することが重要です。
エントランスはデザインも重要ですが、機能性も考慮しつつ設計しましょう。

また、他のスペースがどこにあるかも確認する必要があります。
例えばミーティングルームが近くにある場合は、会議の内容がエントランスにいるお客様に聞こえないようにする工夫をしなければいけません。

そして、セキュリティです。
カードリーダーを利用するなどして、トラブルが起きないように万全のセキュリティ対策をしましょう。


気持ちのよいオフィスのエントランスを目指しましょう

紹介してきたように、オフィスのエントランスは企業の第一印象を決める重要な場所です。
ポイントや注意点を踏まえつつ、素敵なエントランスを目指してください。

当サイトのオフィスマッチは、お探しのオフィス物件条件を簡単入力していただければ、不動産会社が代わりに最適なオフィス物件を探していくサービスとなります。
賃貸オフィスや貸事務所をお探しの方は、ぜひオフィスマッチの利用をご検討ください。

最短60秒カンタン無料オフィス探し依頼はこちら

STEP1都道府県を選択

STEP2お探し理由を選択

STEP3移転時期を選択

探してもらう