2021/04/30
賃貸オフィス総務向け情報

オフィス移転時は什器を見直そう!購入と廃棄のポイント

オフィス移転の際には、旧オフィスからオフィス什器を運び出すでしょう。
そのまま、新オフィスに運搬するのも良いですが、これを機にオフィス什器を見直してみてはいかがでしょうか。
おしゃれなオフィス什器に買い換えることで、従業員のモチベーションも上がるかもしれません。

本記事では、オフィス移転に伴ってオフィス什器を見直すときのポイントを解説していきます。


オフィスに置きたい什器の種類

Image title

オフィスで使用する什器は、主に次のようなものがあります。

デスク

デスクは、職種や使用時間などを考慮して選ぶといいでしょう。
例えば、事務職やデザイナーなど、パソコンでの作業がメインの職種なら広めのデスクを選びます。
営業職のように外回りがメインでデスクの使用時間が少ない場合には、小さめのもので問題ありません。

書庫

扉が引き戸になっているものやオープン式のもの、両開きのものまでさまざまな書庫があります。
収納する書類の量や設置スペースなどを考慮して選びましょう。

パーテーション

パーテーションは、大部屋の中で部署ごとにスペースを区切りたいときなどに間仕切りとして設置するものです。
プラスチック製のシンプルなものから、ガラスが使われているおしゃれなデザインのものまであります。

ワゴン

デスクの下に設置する移動可能な引き出しです。
デスクの横に設置する大きめのサイドワゴンなどもあります。
収納する書類や備品の量を考慮して選ぶといいでしょう。

応接セット

来客用の椅子とテーブルですが、統一感を出すためセットになっているものを選ぶといいでしょう。

カウンター

エントランスに設置して来客時に使用するカウンターです。
おしゃれなデザインのものや、収納スペースが付いているものもあります。


オフィス什器の選び方

オフィス什器を用意する際には、購入する方法の他にレンタルやリースを利用して借りる方法もあります。

購入の場合

オフィス什器を購入する場合には、長期間の使用を想定して選ぶようにしましょう。
例えば、今後扱う書類の量が増えると見込まれるような場合には、少し大きめの書庫やワゴンを選びます。

また、予算の都合で新品を購入するのが難しい場合には、中古という選択肢もあります。
ただし、中古のオフィス什器は傷や使用感があるので、状態をしっかり確認しましょう。
カウンターや応接セットなどの場合には、お客様からの印象も気になるでしょう。

レンタル契約やリース契約の場合

リース契約を利用することにより、新品を使えて初期費用も抑えられます。
オフィス移転に伴い新しい什器を用意したいときなどに便利です。
レンタルは基本的に中古品を借りて使用しますが、短期間の利用なら費用を抑えられます。
成長が著しく短期間でまたオフィス移転をする可能性がある場合は、利用するといいでしょう。


オフィス移転時の什器の廃棄方法

Image title

オフィスから出るゴミは一般家庭から出るゴミとは別に扱われ、一般の粗大ゴミとして廃棄することはできません。

産業廃棄物として扱われ、主に次のようは方法で廃棄します。

専門の業者に依頼

廃棄物を扱う業者に依頼して処分します。
許可を得ている業者かどうか確認した上で依頼するようにしましょう。

自治体に依頼

有料の粗大ゴミ券を購入し指定された場所へ運ぶことで、自治体から回収してもらうことができます。
ただし、全ての自治体でオフィス什器の回収を行っているわけではありません。

処分場に持ち込む

中小企業の場合には産業廃棄物を、自分で処分場まで持ち込むことも可能です。
ただし、10キロ以下かつ30センチ以下でないと受け付けてもらえないため、自分で解体する必要があります。

廃棄費用

専門の業者に依頼した場合の費用相場は、トラックの台数と作業員の人数を基準にして考えるといいでしょう。
2トン車1台あたり15,000~30,000円程度、作業員1人あたり10,000~20,000円程度がおおよその相場です。


状況次第でリースやレンタルも検討しよう

オフィス什器は、オフィスで仕事をする際に毎日使用するものです。
現在の使い勝手や今後の見通しなどから、リースやレンタルも視野に入れた上で選ぶようにしましょう。

オフィスマッチは、お探しのオフィス物件の条件を簡単入力していただければ、お客様の条件に合った最適な物件を不動産会社より提案させていただくサービスとなります。
また、webサイトには載っていない優良物件も多数ございます。
賃貸オフィスや貸事務所をお探しの方は、是非オフィスマッチの利用をご検討ください。

最短60秒カンタン無料オフィス探し依頼はこちら

STEP1都道府県を選択

STEP2お探し理由を選択

STEP3移転時期を選択

探してもらう