2021/05/31
オフィス移転の料金

オフィスにかかる費用削減を考えよう!移転時~移転後それぞれの削減ポイント

本記事では、オフィス移転を現在もしくは将来するかもしれない方に向けて、オフィス移転時から移転後までの費用削減ポイントを紹介します。

オフィス移転の際に、どのような項目で費用が必要となるのかのチェックにも役立つ内容となっています。
さらに、オフィス移転後の日々の費用削減ポイントについてもご案内していますので、コスト削減に興味のある方もぜひご覧ください。


オフィス移転時の費用削減ポイント

Image title

オフィス移転時の費用は、マイホームの引っ越しと異なり、どのような項目について費用を準備しておくべきなのか想像しにくいものです。

また、できる限りオフィス移転時の費用を削減したい方も多いでしょう。
そこで、オフィス移転時にかかる費用の項目と抑えるための工夫を次で紹介します。

オフィス移転時にかかる費用

オフィス移転時には、移転前オフィスと移転先オフィスの両方で費用が発生します。
移転前には、退去するオフィスの原状回復や不用品処分のための費用が必要です。

移転先オフィスで必要となる費用は、契約時・引っ越し前、引っ越し時とさまざまなタイミングで発生します。
そこで、タイミング別にかかる費用を表にまとめました。

契約時

敷金・礼金・契約開始月の家賃・火災保険料・仲介手数料・保証会社への保証金

引っ越し前

移転先オフィスの内装工事費用・設備工事費用・通信設備費用・家具等の購入費用

引っ越し時

引っ越し業者費用

オフィス移転時にかかる費用を抑えるための工夫

オフィス移転時にかかる費用を抑えるための工夫として、業者へ何かを依頼する場合は、必ず見積もりを取ることです。
すべての見積もりが揃ったら、条件に合うできる限り安い業者を利用しましょう。

また、移転前オフィスが小規模の場合には、引っ越し業者を利用せず、社員総出で引っ越しをするのも移転費用削減のひとつの方法です。


オフィス移転後の日々の費用削減ポイント

Image title

オフィス移転時は、移転後に必要となる、日々の費用を削減できる大きなチャンスです。

さまざまな費用削減方法がありますが、できるなら効果の高い方法を知りたいという方は多いでしょう。

そこで、オフィス移転後に日々かかる費用の項目、また高い効果を期待できる日々かかる費用を抑えるための工夫を紹介していきます。

オフィス移転後に日々かかる費用

オフィス移転後に日々かかる代表的な費用は、賃料や電気代、通信料や消耗品代などです。
通信料には、固定電話回線やファックス専用回線、インターネット回線や業務用の携帯電話の使用料等も含みます。

また、印刷機器をリースしている場合は、リース代や保守料金も必要です。

オフィス移転後に日々かかる費用を抑える工夫

高い効果を期待できる、オフィス移転後に日々かかる費用を抑える工夫は、これまでの無駄や各種契約を見直すことです。
たとえば使用頻度の低かった固定電話やファックスの数を減らしたり、各セクションにある通信機器を共有スペースに移動したり、不要な設備を処分したりします。

これまで個人所有の携帯電話を業務使用していた場合は、移転をきっかけにして、会社で業務用の携帯電話の一括契約をするのもよいでしょう。
携帯電話の団体契約には、社員や顧客の個人情報保護、社員間の通話料無料などのメリットもあります。

また、電話やファックス、インターネットの回線を一本化したり、各回線の契約プランを見直したり、固定電話をIP電話にしたりする工夫も経費削減に有効です。
加えて、リース会社や電気代のプランも見直しましょう。


オフィス移転にまつわる費用を削減しよう

オフィスの移転費用は、移転前・移転時・移転後など、さまざまなタイミングで必要となります。
各タイミングで必要となる費用を事前把握しておけば、オフィス移転費用の削減方法もしっかりと検討できるでしょう。
また、移転先のオフィスで日々かかる費用についても、事前に削減につながる方法を熟慮し、将来的なコスト削減に努めてください。

オフィスマッチは、お探しのオフィス物件の条件を簡単入力していただければ、お客様の条件に合った最適な物件を不動産会社より提案させていただくサービスとなります。
また、Webサイトには載っていない優良物件も多数ございます。
賃貸オフィスや貸事務所をお探しの方は、ぜひオフィスマッチの利用をご検討ください。

最短60秒カンタン無料オフィス探し依頼はこちら

STEP1都道府県を選択

STEP2お探し理由を選択

STEP3移転時期を選択

探してもらう