2021/07/30
オフィス移転の料金

オフィス・事務所の移転費用をシミュレーションしよう!節約ポイントと併せて紹介

オフィスや事務所の移転が決まったら、どのような費用がどのタイミングで発生するのかを下調べし、移転費用の総額をシミュレーション計算してみましょう。
シミュレーションをおこなうことで、予算案が立てやすくなるだけでなく、各費用をいつまでに準備するべきなのかも把握できます。

本記事では、オフィスや事務所の移転費用の項目や相場を3つのタイミング別にご紹介しますので、ぜひシミュレーション計算に役立ててください。
加えて、移転費用の節約を目指す担当者様も参考にしていただける内容です。


オフィス・事務所の移転費用は3つのタイミング別に検討!

Image title

オフィスや事務所の移転費用の総額をシミュレーション計算するためには、まず以下3つのタイミング別に、移転費用の項目や項目別の相場を調べます。

  • ・旧オフィス・事務所の退去時
  • ・新オフィス・事務所の入居時
  • ・引っ越し



続いて、各タイミング別の移転費用総額のシミュレーション計算を実施し、最後にそれらを合計して全体の移転費用総額を算出しましょう。
タイミング別のシミュレーション計算をすることで、必要な移転費用の見落とし予防が可能です。
また、各移転費用の準備時期の検討にも役立つでしょう。

次項より、上記3つのタイミング別に、オフィスや店舗の移転費用の主な項目や相場をご紹介します。


旧オフィス・事務所の退去時の移転費用項目と相場

ここでは、旧オフィス・事務所の退去時の移転費用の項目や項目別の相場をご紹介します。

原状回復工事費

フロアを入居時の状態に戻すための工事費で、坪単価の費用相場は3万から5万円程度です。
賃貸人に工事業者を指定されるケースも多いので、事前に確認しましょう。
指定業者がない場合は、相見積もりをすれば、費用の節約に繋がります。

明け渡し月の賃料や共益費

原状回復工事を済ませたオフィスや事務所を、賃貸人へ明け渡す日までの賃料や共益費です。
明渡日が月途中になる場合は日割り計算となる場合も多いですが、1カ月分全額を支払うケースもあります。
共益費とは管理費とも言われることもある、共有部分の水道光熱費や清掃費など、賃貸物件の共有部分の管理や運営に用いられる費用です。


新オフィス・事務所の入居時の移転費用項目と相場

続いて、新オフィス・事務所の入居時の移転費用の項目や項目別の相場をご紹介します。

内装工事費

間仕切りやフロアの敷設、サイン看板設置などの内装工事費で、坪単価の相場は10万から20万円程度です。
しかし、大掛かりな工事になると、坪単価が20万円を超えることもあります。
費用を節約するためには、相見積もりで業者を選び、使用材料選びなどにも気を配りましょう。

インフラ配線工事費

新事務所の電気や電話、LANなどの配線工事費で、相場は社員1人あたり5万円程度です。
費用節約のためには、相見積もりで業者を選び、簡単なLAN配線などは自社の社員で行いましょう。

什器などの購入費

机や椅子、棚やロッカーなどの購入費で、相場は社員1人あたり5万から30万円程度と幅広いです。
できるだけ、旧オフィスの什器類を流用すれば費用を節約できます。

保証金などの預託金

敷金とも呼ばれる保証金は、賃料や修理費の担保として賃貸人に預けておく預託金のことで、相場は賃料の12カ月分です。

前家賃

契約開始月の賃料のことで、日割り計算されるケースも多いです。
フリーレントつきのオフィスや事務所を選んだ場合は、前家賃が不要な場合もあります。

火災保険料

火災保険の加入費で、相場は2年契約で2万円程度です。
賃借者に保険会社やプランを指定されるケースもあるので、事前に確認してください。


オフィス・事務所移転の引っ越し費用の項目と相場

ここでは、旧オフィス・事務所の引っ越しの移転費用の項目や項目別の相場をご紹介します。

引っ越し費用

引っ越し業者費で、相場は社員1人あたり2万から3万円程度です。
引っ越し業者のサービスに梱包資材が含まれている場合は、梱包資材費を節約できます。

不用品の廃棄処理費

産業廃棄物処理業者費で、相場は2tトラック1台あたり8万円程度、4tトラック1台あたり10万円程度です。
什器類の買い取り対応可能な業者を選択すれば、費用の節約に繋がります。


預託金の返還時期とは?

旧オフィスや事務所の預託金の返還時期は、一般的に退去後、2カ月から3カ月後です。
つまり、旧オフィスの保証金や敷金などの預託金は、解約時に返還されません。
そのため、新オフィスへの引っ越し費用や新事務所の入居費用に、旧オフィスの預託金を充当する予算計画を立てるのは避けてください。


オフィス・事務所の移転費用を事前にシミュレーション計算しておこう!

オフィスや事務所の移転費用を事前にシミュレーション計算しておけば、移転費用の予算案を立てやすいです。
また、退去時・入居時・引っ越し時に分けてシミュレーション計算しておくと、移転費用の見落としも避けられるでしょう。
ぜひ、上記でご紹介した項目別の費用相場等を参考にしながら、移転費用をシミュレーション計算してください。

オフィスマッチは、お探しのオフィス物件の条件を簡単入力していただければ、お客様の条件に合った最適な物件を不動産会社より提案させていただくサービスとなります。
また、webサイトには載っていない優良物件も多数ございます。
賃貸オフィスや貸事務所をお探しの方は、是非オフィスマッチの利用をご検討ください。

最短60秒カンタン無料オフィス探し依頼はこちら

STEP1都道府県を選択

STEP2お探し理由を選択

STEP3移転時期を選択

探してもらう